かゆみに対処する

乾燥による肌のかゆみ、花粉症による目のかゆみ、冬は様々なかゆみに悩まされます。

秋の終わりごろから、腰からウエスト回りがかゆくなってきて、特にゴムが当たったりするとぼりぼり掻いてしまい、肌が真っ赤になってしまいます。

そうなってからでは、なかなかかゆみが収まりません。
かゆみには亢進性があります。どんどんひどくなっていきます。
あれ、ちょっとかゆいかも…というくらいで素早く対処すると抑えられます。

一度かゆみが出てしまったら、かゆみ止めの入ったクリームで抑えます。
かゆみが収まったら、徹底的に保湿します。

今年はアロマカフェで扱ったワセリンが大量にあるので、ワセリンバームで保湿します。カレンデュラオイル、ラベンダー、ティートリーなどを混ぜて、かゆみの鎮静も行います。

一日に1回塗っただけでは、すぐにまたかゆくなるのですが、一日2回丁寧に塗り込むようにしたら、それ以降かゆくなくなりました。

ワセリンの保湿効果はすごいです!

肌のかゆみが収まったと思ったら、今度は花粉症による目のかゆみです。

こちらも猛烈にかゆくてつい掻いてしまいます。

少し高いかゆみに効く目薬を買いましたが、1回注しただけでは全然収まりません。こちらも何回か集中的に使って、まずかゆみを抑えます。

収まってきたら、かゆみ止めは1日2回程度で後はドライアイ用のヒアルロン酸目薬だけにしました。

そして、かゆみの出ている目頭に近い皮膚にラベンダーのワセリンバームをちょっとだけ綿棒でつけてみたら、ちょっとしたかゆみなら収まるようです。

べたべたになっちゃうので、余分な油分はティッシュオフします。

今年はワセリンバームが大活躍です。
ただ皮膚をワセリンで保護するだけなんですけどね。
自分の水分だけで保湿になるんだなあと感心させられます。

アロマとワセリンで冬を乗り切ろうと思います。