アロマと私-アロマグッズを売る

介護施設を辞め、新たなパートを探しましたが、義母のこともあり、時間が限られなかなか良い仕事が見つからなかったのですが、そんな中でアロマグッズの販売の仕事が見つかりこれはと思って応募しました。

それがアロマブルームです。以前時々利用していてよく知っているお店がイオンにできるというだけで嬉しいことでしたが、そこで働けるなんて夢のようでした。アラカンだし、販売の経験ないしだめかなあと思ってましたが、AEAJの資格持ってたからなのか、受かって晴れて店員デビューです☺

初めての販売の仕事は最初なかなか覚えられなくて大変でした。レジ操作、日々の業務、接客対応…立ち仕事も慣れてなくて4時間でもヘトヘトでした。

でも楽しかった!

やっぱりアロマが好きで、良い香りあふれる店内で仕事するのは楽しいことでした。アロマ以外の商品も美と健康に関係するものばかりで興味深く、自分でもあれ欲しいなー、これ買おうかなーって社割フル活用でした笑

アロマと一口に言っても、精油、精油関連商品もあれば、人工的な香料を使ったグッズもアロマグッズとして売られています。でも、その雑多な、敷居の低さがアロマブルームの良さでした。

タオルやパジャマ、季節の健康グッズを買いに来てくださったお客様が、アロマにも興味を持ってくれる、最初はフレグランスリードディフューザーから香りに興味を持っていただいて、じゃあ天然の香りの精油も使ってみたい、どう使うの?というふうに興味を広げてくれる…そういうお店でした。

精油もすべて1500円から2000円前後のお値段(安いものは10ml高いものは5mlです)で買いやすく、初心者にはうってつけです。

こうして一人でも多くの人にアロマの良さを知ってもらいたい、いろんな使い方ができて生活の質を上げてくれるアロマをもっと活用してほしいと願いながら働いてました。

残念ながらコロナ禍で思うように売上が上がらず、1年弱で閉店の憂き目にあってしまいましたが、アロマを売る仕事は本当に楽しかったし、とてもとても勉強になりました。

まず香りに親しむ、そこが大事だなと。

今後の活動のコンセプトはそれだ!と思いました。

まだまだ知らない人はたくさんいます。もっと知ってほしい。もっと親しんでほしい。

その想いを活動の軸にしたいと考えるようになりました。